蛍光灯リサイクル廃棄処分・処理ならお任せ下さい。持ち込み大歓迎

TOP会社概要蛍光灯リサイクルご利用案内ダウンロードお問い合わせ
  1. トップ
  2. トピックス

平成29年10月1日から蛍光灯の処理基準が変わりました

平成29年10月1日から廃掃法の改正により 廃蛍光灯の取り扱いが【水銀使用製品産業廃棄物】となり
蛍光灯の処理は専門業者しか行えなくなりました。
下記の点が主な変更点になります。
※各都道府県によって対応が違う事がありますので、詳細については各都道府県にご確認ください。

水銀使用製品産業廃棄物に対して新たに必要な措置

水銀使用製品産業廃棄物であることの情報の伝達

業の許可証

取り扱う廃棄物の種類に「水銀使用製品産業廃棄物」が含まれること。
注)平成29年10月1日時点で、これらの廃棄物を取り扱っている場合、変更許可は不要です。
委託契約書
委託する廃棄物の種類に「水銀使用製品産業廃棄物」が含まれること
注)自動更新型締結済みの契約書は別途「覚書」が必要です。
注)平成29年10月1日以前に、契約締結している委託契約書については、
新たに契約変更等をする必要はありません。(期限付、契約書のみ)
マニフェスト 産業廃棄物の種類欄に「水銀使用製品産業廃棄物」が含まれること
注)紙マニフェストは別紙記入例を御確認して下さい。
注)電子マニフェストは新しいコードを使用して下さい。
廃棄物保管場所の掲示板 産業廃棄物の種類欄に「水銀使用製品産業廃棄物」が含まれること
帳簿 全ての項目について、「水銀使用製品産業廃棄物」に係るものを明らかにすること

覚書について

平成29年10月1日以前に契約締結している自動更新型の委託契約書については、各排出事業者ごとに別途覚書(名称変更の覚書)の取り交わしが必要です。(期限付き契約書に関しては覚書は必要ありません)
【収集運搬業者様へ】
「廃掃法改定についての覚書」(処分用)をプリントし、各排出事業者様との覚書を作成いただき、弊社へ送付してください。
【自社持ち込みのお客様へ】
「廃掃法改定についての覚書」(処分用)をプリントし、必要事項を記入して弊社へ送付してください。


マニフェスト記載例

画像をクリックするとPDFで拡大して確認できます。

直行用マニフェスト

建設系廃棄物用マニフェスト

積替保管用マニフェスト

 

 

 

JW-NET分類コード


水銀使用製品産業廃棄物
照明機器
  2520000
HIDランプ 2521000
蛍光灯 2522000

 

廃蛍光管搬入予約票

弊社への搬入予約票には、下記の赤字部分に注意して記入をお願いします。
廃蛍光灯搬入予約票ダウンロードページ

回収について

回収に関しては、グループ会社のウム・ヴェルト株式会社にお任せいただければ、他の品目と同時に回収することもできますので
お気軽にお問合せ下さい。
廃棄物のリサイクルコスト削減します ウム・ヴェルト株式会社
ウム・ヴェルト株式会社

お電話のお問合わせはこちら

048-577-1153