蛍光灯リサイクル廃棄処分・処理ならお任せ下さい。持ち込み大歓迎

蛍光灯リサイクルの株式会社ウム・ヴェルト・ジャパンお問い合わせ 0120-087-153
TOP会社概要蛍光灯リサイクルLED事業ご搬入までの流れダウンロードお問い合わせ
  1. 株式会社ウム・ヴェルト・ジャパントップ
  2. 蛍光灯リサイクル
  3. 作業工程・破砕・水銀回収

リサイクル作業工程

蛍光灯破砕機
破砕と同時に、口金部分とガラス部分を分離します。


破砕済ドラム缶
アタッチメントフォークでラインへ


水銀回収機


トロンメル
投入は、ドラム缶単位で一本ずつ投入リフトへ載せる。ドラムを設置後、リフトを密閉し、外側からフタをはずす。
投入リフトのスイッチを入れ、回収機に投入。投入後、リフト内のフィルターで浄化し、約40分後フタをし取り出す。
投入後、触媒を自動供給。
装置は、LPGガスを使用し、熱風炉の温度を700℃まであげ、炉内の温度を300℃に保つ。
回収後、密閉されたままコンベアで選別機(トロンメル)へ、ここでガラス(小)・ガラス(大)・ 金属に分離。粉は、ブロアーで引いて回収。
水銀は、スクラバーから金属水銀として回収。


 






お電話のお問合わせはこちら

048-577-1153